前へ
次へ

シェアハウスで住む一番のメリット

土地などの物価が高い都市でもある東京で住むことを決めた人の中には、賃貸住宅でもシェアハウスを選択する人も増えている世の中です。
近年はシェアハウスがメディアでも取り上げられていることからも、他人と同居しながら日常生活を送ることに違和感を感じないという人もいますし、女性であれば一人暮らしよりは安心できるメリットもあります。
しかしシェアハウスを選択する一番のメリットといえば、やはり住居の賃料を安くすることができる点にあります。
生活費の中でも家賃は一番大きな負担となり、東京などの大都市になるとワンルームでも賃料は7万円はするのが相場になっていることから、学生から社会人として働く環境としてはかなり厳しいです。

そのために同居人がいるというデメリットが、賃料の負担を分け合うことができるというメリットに変えることができるので、シェアハウスの人気が出ている理由といえます。
他人と暮らすといっても同じ空間ではなく、必要なリビングやダイニングなどのコミュニケーションスペースは共有することになります。
シェアハウスはパーソナルスペースである自分の寝室などの部屋は、個室になっていることからもライフスタイルが違う人ではあまり顔を合わせることもない可能性もあります。
またシェアハウスで共用に使うものでは冷蔵庫や洗濯機などがありますが、こちらも他人と自分のものを分けるようにシステム化しているところもありますので、トラブルにならないように気をつけることができます。

Page Top